Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

はてな、不正アクセス判明後に同様の攻撃で再度侵入被害

はてなが不正アクセスの被害を受けた事件で、当初サーバ2台に不正侵入が発生したが、対策として構成を変更したサーバも同様の手口で侵入されていたことがわかった。

当初の事故では、サーバの設定にミスがあり、ブルートフォースアタックを受け、不正に侵入されたもの。不正侵入後に不正プログラムなどをインストールされる被害が発生している。

不正アクセス発覚後に構成を変更したサーバも外部からのパスワード認証を許可する設定になっており、先に被害を受けた2台と同様の手口で侵入を許したという。

同社では攻撃を把握したのち、問題のサーバに対する不正アクセスを遮断、ネットワークから隔離し、再度サーバを変更したという。今後は、管理体制やセキュリティポリシーの見直しと監視体制の強化、監視システムの開発などを進めるという。

(Security NEXT - 2007/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII