Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

山形しあわせ銀行、本人確認記録表約3万件を紛失

山形しあわせ銀行が本支店において顧客の個人情報を記載した業務資料を紛失していたことがわかった。

今回紛失が判明したのは、本店や支店で保管していた本人確認記録表。2006年11月に調査を実施し、同月や翌月12月に所在不明になっていることがわかった。

本店で紛失が判明したのは、2003年1月から2004年6月までに作成した3万2788件で、氏名や住所、生年月日、電話番号、運転免許証番号、保険証記号番号、旅券記号番号、身体障害者手帳番号、外国人登録証明書番号、国民年金手帳番号、年金証書番号など含まれる。

一方支店は、2005年5月から2006年10月までに作成した69件で、氏名や住所、生年月日、電話番号、運転免許証番号、保険証記号番号、旅券記号番号などを記載していた。

いずれも同行では、被害報告もなく、誤廃棄した可能性が高いと結論づけている。同行では、管理体制の整備や研修により再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2007/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ