Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

振り込み詐欺が45%減少、架空請求の検挙率は97%

振り込め詐欺の認知件数が2007年1月は906件となり、2006年12月の1643件から45%減少したことが警察庁のまとめによりわかった。振り込め詐欺の被害総額も約26億円から10億円と4割以下となった。

昨年1年間の月平均1544件から見ても大幅な減少で、既遂事件に対する検挙率も昨年平均約16%から27%へ向上した。本人確認法が改正となり、1月4日より施行され、ATMからは現金10万円以上の振り込みができなくなったことが影響したと見られている。

被害金額ベースでみると、2004年から緩やかな減少傾向を見せていたものの2006年は被害金額も平均20億円と考えると約半分の水準となった。一方で、平均被害額を見てみると昨年の月平均137万から113万円と依然多額の振り込みも発生していることがわかる。

架空請求を見てみると、認知件数が286件から134件と減少。昨年末も8割弱と高い検挙率だったが、1月は認知件数134件に対し、130件が検挙されており、97%と高い検挙率となっている。

(Security NEXT - 2007/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム