Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客情報約11万件を紛失 - 誤廃棄の可能性

東京電力は、千葉支店の10事業所において、顧客情報約11万件が記録されたマイクロフィルムの紛失が判明したと発表した。

所在不明となっているマイクロフィルムには、1999年から2004年までの契約情報約11万件が記録されていた。顧客名、住所、電話番号、口座番号、電気使用量、請求金額などが含まれる。

同支店ではフィルムの保管数量の確認を進めていたが、2月16日に大原営業センターにおいて紛失が判明したことを受け、全事業所で確認作業を実施した。その結果ほかの9事業所でも紛失が確認された。

警察に紛失届を提出して捜索を続けているが、27日時点ではまだ発見されていない。同社では誤って廃棄処分された可能性が高いとしている。

(Security NEXT - 2007/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース