Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

山梨県警、職員のPCから事件被害者や容疑者の個人情報が流出

山梨県警察本部の職員が個人で所有するパソコンから、個人情報を含む捜査関連情報がネット上に流出していたことがわかった。

流出したのは、事件捜査の関連情報をはじめ、氏名や住所などの個人情報約610件などを含む警察関係情報が保存されたファイル。職員が個人のパソコン内に保存しており、2月23日に流出が判明。ウイルス感染によりWinnyを経由して流出したとみられている。

同県警では、業務用および私用のパソコンをすべて点検するなど、再発防止に取り組むとしている。犯罪被害者の情報なども含まれており、流出による二次被害などが心配な場合、同県警まで連絡してほしいとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2007/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ