Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

山梨県警、職員のPCから事件被害者や容疑者の個人情報が流出

山梨県警察本部の職員が個人で所有するパソコンから、個人情報を含む捜査関連情報がネット上に流出していたことがわかった。

流出したのは、事件捜査の関連情報をはじめ、氏名や住所などの個人情報約610件などを含む警察関係情報が保存されたファイル。職員が個人のパソコン内に保存しており、2月23日に流出が判明。ウイルス感染によりWinnyを経由して流出したとみられている。

同県警では、業務用および私用のパソコンをすべて点検するなど、再発防止に取り組むとしている。犯罪被害者の情報なども含まれており、流出による二次被害などが心配な場合、同県警まで連絡してほしいとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2007/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス