Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仙台市、盗難に遭ったガス管工事申込者の個人情報を回収

仙台市は、業務委託先が車上荒らしの被害に遭い、ガス管取替工事申込者の個人情報19件を含む書類を一時紛失したが、21日にすべて回収した。

盗難に遭ったのは、ガス管取替工事申込者に関する個人情報24件が記載された書類。氏名、住所、電話番号、住宅の間取図や周辺の地図などが含まれる。2月15日に委託業者の作業用車両が車上荒らしに遭い、鞄ごと盗まれた。その後付近に散乱していた5件分の書類は回収できたが、残りの19件分については行方がわからなくなっていた。

2月21日に、盗難現場付近の住人よりファイルに綴じられた状態の書類を拾得したという連絡があり、同市職員が訪問して回収。同日中に委託業者へ返還され、紛失した書類であることが確認されたという。

(Security NEXT - 2007/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ