Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客になりすました「ボイスワープ」申込が発生 - NTT騙り転送設定まで指示

電話転送サービス「ボイスワープ」へ契約者になりすました第三者による虚偽申込が発生している。NTT東西では、対抗策を実施するとともにユーザーへの注意喚起を行っている。

同サービスは、かかってきた電話を予め指定した番号へ転送するサービス。2月19日時点で、NTT東日本では、今年1月以降、契約者になりすました虚偽の申し込みが25件発生していたことが確認された。また西日本では、今年2月以降3件が確認されている。

そのうち東日本の2件および西日本の1件は、虚偽申込による同サービスの開通後、被害者である契約者に第三者がNTTを名乗って電話をし、故障修理の名目で第三者が指定した転送先電話番号を登録させていたという。

両社は対策として、すでに同サービスを利用している全ユーザーに対し改めて契約内容の確認をするとともに、サービスの申込時における本人確認を実施するとしている。また、NTTを名乗る不審な電話や契約した覚えのないサービスの請求書などが届いた場合には、早急に問い合わせるよう求めている。

(Security NEXT - 2007/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
「ドコモ口座」の被害申告、あらたに16件49万円
脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導