Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東北電力、プログラムミスで実際より少ない放射線量で輸送申請

東北電力のシステムに不具合があり、運搬の申請書などに記載された放射能の数値が実際よりも低く表示されていたことがわかった。

原子力安全・保安院では、長期間にわたり誤った数値で申請されていたとして、原因調査や再発防止策など、東北電力に対し報告書の提出を求めている。

今回の事故は、東北電力が作成した使用済核燃料の放射線量や発熱量を計算するプログラムにミスがあったもの。同プログラムは、輸送する際の申請書などへ記載するために用いていたが、ウラン235とウラン238を取り違えたために計算ミスが発生し、実際の表示より少ない値を表示していたという。

同プログラムを用いて過去に女川原子力発電所から搬出されたケースも発生。再計算を実施したが、修正後の数値も制限値以内だったという。原子力安全・保安院では、安全度を持った輸送容器を利用しており、輸送前にチェックを行っていることから、今までも技術基準に適合しない運搬はなかったとの見解を示している。

(Security NEXT - 2007/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず