Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉銀行から個人情報76件が流出 - Winny削除ミスが原因か

千葉銀行の顧客情報がWinnyネットワーク経由で流出していたことがわかった。

同行行員宅にある私用パソコンから流出したことが2月14日に発覚したもの。同パソコンにはWinnyがインストールされており、暴露ウイルスに感染したことで流出した。流出した情報は、2005年3月から4月に作成された資料で、個人や法人顧客の資料で、氏名や取引内容など76件の個人情報が含まれる。また法人の名称、所在地など95件も含まれる。

行員は2003年から2004年にかけてWinnyを利用。その後、削除したつもりだったが実際には削除されておらず流出したという。また同行では業務情報の削除を指導していたが守られていなかった。

同行では、関連する顧客へ謝罪、説明を行っている。またファイル交換ソフトの導入状況や顧客資料の持ち出しについて再確認を実施するという。

(Security NEXT - 2007/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性