Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉銀行から個人情報76件が流出 - Winny削除ミスが原因か

千葉銀行の顧客情報がWinnyネットワーク経由で流出していたことがわかった。

同行行員宅にある私用パソコンから流出したことが2月14日に発覚したもの。同パソコンにはWinnyがインストールされており、暴露ウイルスに感染したことで流出した。流出した情報は、2005年3月から4月に作成された資料で、個人や法人顧客の資料で、氏名や取引内容など76件の個人情報が含まれる。また法人の名称、所在地など95件も含まれる。

行員は2003年から2004年にかけてWinnyを利用。その後、削除したつもりだったが実際には削除されておらず流出したという。また同行では業務情報の削除を指導していたが守られていなかった。

同行では、関連する顧客へ謝罪、説明を行っている。またファイル交換ソフトの導入状況や顧客資料の持ち出しについて再確認を実施するという。

(Security NEXT - 2007/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター