Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

P2Pやキーロガーなどの企業の脅威を排除「AntiMalware v5」 - アークン

アークンは、Windows Vista対応の法人向け不正プログラム対策ソフト「AntiMalware v5」を発売した。

同製品は、スパイウェア、ハッキングツール、トロイの木馬、ウイルス、ワームなどを検知、駆除する法人向けの不正プログラム対策ソフト。マルウェアデータベースにくわえ、P2Pソフトやキーロガーなど、企業防衛上対策が必要ないわゆる「グレーツール」にも対応した拡張マルウェアデータベースを搭載。特にP2Pソフトの対応範囲を150種類、6000シグネチャ以上に強化した。

専用クライアントツールの機能強化により、企業のポリシーに合わせた柔軟な適用や強固な集中管理が可能。また、同社の現行製品と比べてプログラムの容量を約40%軽量化するとともに、プログラムの起動時間、およびスキャン速度が約50%向上した。これにより、ほかのウイルス対策ソフトとの併用がしやすくなったという。

初年度ライセンスの価格は、ウイルス対策機能付きの「AV」タイプが2万7750円/5クライアントから。スパイウェア対策が中心の「AS」タイプが2万250円/5クライアントからとなっている。今後は、スタンドアロン版やASP版などのリリースを計画しているほか、発売を記念した期間限定の各種キャンペーンも実施する予定。

(Security NEXT - 2007/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ