Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先の廃棄業者が運搬中に個人情報を紛失 - テイツー

テイツーは、同社が運営する「古本市場」のポイントカード「ふるいちかーど」の一部入会申込書を1月16日に紛失したと発表した。

同社が申込書の廃棄を委託している業者が、運搬中に岡山県瀬戸内市内で申込書が飛散したもの。外部より拾得したとの連絡が入り判明した。

同社では拾得された地点から前後3キロの道路について徒歩による周辺調査を実施し、さらに数百メートルから数キロごとの探索を行ったという。その結果、同社では14枚を発見し、拾得されたものとあわせて28枚を回収した。

含まれている個人情報は、氏名、住所、生年月日、性別、電話番号、ファックス番号、メールアドレスなど。紛失した枚数を把握できていない。同社では探索状況からほぼ回収したできたとしながらも、さらに確認を進めるという。また、社内や取引先の指導を強化などにより再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2007/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都立高で生徒情報含むファイルを紛失 - 生徒間に画像が拡散し判明
電子版会員の個人情報がウェブから閲覧可能に - 熊本日日新聞
がん検診受診予定者の個人情報をメール誤送信 - 浦河町
検証機能にバグ、ファイルの問題を検知できず展開 - CrowdStrike
米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正