Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティに配慮したリモートアクセスソフトのベータ版 - ソフトイーサ

ソフトイーサは、研究開発中のデスクトップリモートアクセスソフト「PacketiX Desktop VPN」のベータ版を公開した。同社ウェブサイトより無償でダウンロードできる。

同ソフトは、デスクトップへリモートアクセスすることに特化したSSL-VPNソフトウェア。「Desktop VPN サーバー」と「Desktop VPN クライアント」の2種類が用意されており、サーバをインストールしたPCへクライアントソフトをインストールしたPCからアクセスすることで、リモートアクセスを実現。専門知識がなくても設定など簡単に行えるよう工夫されている。

通信は、HTTP over SSLで行い、NATやプロキシサーバ経由のアクセスも可能。RSA暗号ビット長は1024bit。クライアントソフトから参照できるのは、サーバのデスクトップ画面のみで、データのダウンロードなど行えないため、外部への持ち出しについても心配ないという。

同社では、今後も同ソフトについてベータ版利用者のフィードバックなどをもとに改良を進めるが、ビジネス化については未定としている。

(Security NEXT - 2007/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC