Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が保管されたサーバ盗まれる - 健康食品会社

健康食品を販売するクロレラサプライは、2006年12月23日に同社が顧客の個人情報などを管理していたサーバを何者かに盗まれた。同社では、28日に警察へ被害を届け、詳細について調査を行っているという。

今回の事件は、同社内にある顧客管理用のサーバが盗まれたもの。同社の発表によれば、同サーバには、セキュリティロックなどを行った上で警報装置などを備えた室内で施錠管理していたが、破壊されて持ち去られたという。

保存されていた個人情報は、氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレスのほか、一部クレジットカード番号なども保存されていた。また、同社での購入履歴や症状なども含まれる。

盗まれたサーバには約80万件の個人情報が含まれていたと一部で報道されているが、同社は取材に対して現在調査中として詳細の明言は避けた。事件の経過や調査結果については、ホームページで公開していくとしている。

(Security NEXT - 2007/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
写真教室参加希望者宛のメールで誤送信 - 宮城県東北歴史博物館
2024年2Qの「JVN iPedia」登録は1463件 - NVDの公開遅延が影響
JPCERT/CCが感謝状 - 脆弱性悪用対応の「重要な模範事例」
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ