Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、12月の月例パッチ予告 - 「緊急」含む6件

マイクロソフトは、12月の月例パッチの予告を行った。13日にリリースが予定されている。

リリースが予定されているのは、Windowsに影響を及ぼす深刻度「緊急」を含む5件。およびVisual Studioに関する深刻度「緊急」の脆弱性1件。計6件の公開を予定している。

また同社では、セキュリティ以外の優先度の高い更新プログラムとして、Windows UpdateおよびSoftWare Update Servicesで4件、Microsoft UpdateおよびWindows Server Update Servicesで10件の更新プログラムを公開する予定。

(Security NEXT - 2006/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加