Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

近畿産業信用組合、顧客情報記載の書類を事務手続き中に紛失か

近畿産業信用組合は、顧客情報36件が記載された書類を紛失したと発表した。職員間で受け渡ししている最中に、所在不明になったという。

所在不明となっているのは、顧客から預かった物件類の「受取書綴り」。顧客36名分の氏名、預かり金額、預かり物件などが記載されている。事務手続きのため職員間で受け渡ししている最中に紛失したものと見られている。

同組合では、該当する顧客に対しすでに連絡して事実説明をしたとしている。

(Security NEXT - 2006/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験