Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、信書便事業分野の個人情報ガイドラインを検討

総務省は、信書便事業分野の個人情報保護ガイドラインについて検討する「信書便事業分野における個人情報保護に関する研究会」を開催する。2007年6月をめどに検討内容を取りまとめる予定だ。

各分野で個人情報保護ガイドラインの見直し作業が進められているが、今回の研究会開催もその一環として開催されるもの。同分野では、2003年に信書法が施行され、民間事業者の参入しており、それを踏まえて、同分野における個人情報保護の現状や海外の状況、ガイドラインの内容が検討される。第1回目は12月8日を予定している。

研究会の構成メンバーは、慶應義塾大学教授の井手秀樹氏、日本総合研究所法務部長の大谷和子氏、明治大学法科大学院教授の清野幾久子氏、エルティ総合法律事務所所長で弁護士の藤谷護人氏、筑波大学大学院教授の藤原靜雄氏、青山学院大学教授の三村優美子氏、明海大学教授の山下東子氏の7名。

(Security NEXT - 2006/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性