Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

そごう神戸店、顧客情報392件記載の名簿を紛失

そごうは、神戸店の婦人服売場において、顧客392名分の個人情報が記載された名簿が所在不明となっていることを明らかにした。

所在不明となっている名簿には、同売場で商品を購入した顧客392名の氏名、住所、電話番号、生年月日などが記載されていた。捜索を続けているがまだ発見されておらず、誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同社では該当する顧客に対し、すでに説明と謝罪を行った。また、顧客からの問い合わせ専用窓口を設置して対応するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用