Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーが2007年の脅威トップ10を発表 - 「一般ユーザーの回避がますます難しくなる」

マカフィーは、同社研究機関McAfee Avert Labsが予測した2007年の脅威を発表した。

同機関が上げた10種類の脅威は、オンラインサービスにおけるフィッシングサイトの増加をはじめ、画像を利用したスパムの増加、MPEGファイルを利用した不正コードの配布、携帯電話に対する攻撃の増加、アドウェアの増加、個人情報盗難やデータの盗難および紛失、ボットを利用した攻撃の増加、既存ファイルを改変するウイルスなどの復活、ルートキットの増加、ブラックマーケットによる脆弱性の取り引きなど。

同機関の製品開発担当シニアバイスプレジデントであるJeff Green氏は、「高度な技法が増加し、一般ユーザーがマルウェアの感染を認識したり、回避したりすることがますます難しくなる」とコメントしている。

動画共有サイトなどが注目を浴びる一方、MPEGを利用した攻撃や、携帯電話の高機能化を狙った攻撃など、市場の状況を反映したものとなっている。いずれも営利目的のものが大半を占めており、同社は犯罪組織が関係しているのは明白であるとして注意を促している。

(Security NEXT - 2006/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も