Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行動パターンによる認証でワンタイムパスワードをより安全に - RSA

RSAセキュリティは、あらたな認証を追加することでワンタイムパスワード認証を強化するソリューション「RSA AdaptiveAuthentication for Web」を提供開始した。

同製品は、同社のワンタイムパスワードソリューション「RSA SecurID」に、「リスクベース認証」と「ユーザーによるサイト認証」を加えることで、パスワードを利用せずにより高度な認証を実現するセキュリティソリューション。

「リスクベース認証」は、サービス利用者のアクセス状況や行動パターンなどをサーバ側でリアルタイムに判定し、正規の利用者でないと疑われる場合には、追加認証を実施する。

「ユーザーによるサイト認証」では、利用者がサイトにアクセスする際、利用登録時に指定したイメージ画像を表示。これにより、利用者はサイトの真正性を確認することができ、安心してログインすることができる。

(Security NEXT - 2006/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も