Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行動パターンによる認証でワンタイムパスワードをより安全に - RSA

RSAセキュリティは、あらたな認証を追加することでワンタイムパスワード認証を強化するソリューション「RSA AdaptiveAuthentication for Web」を提供開始した。

同製品は、同社のワンタイムパスワードソリューション「RSA SecurID」に、「リスクベース認証」と「ユーザーによるサイト認証」を加えることで、パスワードを利用せずにより高度な認証を実現するセキュリティソリューション。

「リスクベース認証」は、サービス利用者のアクセス状況や行動パターンなどをサーバ側でリアルタイムに判定し、正規の利用者でないと疑われる場合には、追加認証を実施する。

「ユーザーによるサイト認証」では、利用者がサイトにアクセスする際、利用登録時に指定したイメージ画像を表示。これにより、利用者はサイトの真正性を確認することができ、安心してログインすることができる。

(Security NEXT - 2006/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
メルマガで送信ミス、登録者のメアド流出 - 三好市
総務省、「NOTICE」調査を拡大 - 試行パスワードを約600種類に
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
元従業員の働きかけに応じて従業員が顧客情報を漏洩 - 野村證券
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設