Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シグネチャを利用せずクライアントを守る新技術「Websense Threatseeker」

ウェブセンスは、セキュリティ技術「Websense Threatseeker」を開発した。

同技術は、ウェブを利用した情報の詐取といった攻撃に対し、アルゴリズムや挙動、コード解析、データマイニングなどを利用することでクライアントを守る技術。

パッチやシグネチャそ利用しないため、最新の脅威の発生から数分以内に対応できるほか、将来発生する可能性がある攻撃などへ事前に対策を行う必要などもないという。

同技術は、11月21日に発売したウェブセキュリティソフトウェア「Websense Web Security Suite バージョン6.3」「Websense Web Security Suite - Lockdown Edition バージョン6.3」に搭載されている。

(Security NEXT - 2006/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
スポーツ施設の工事委託先にサイバー攻撃 - 東京都
「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省