Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪神高速、案内メール誤送信で顧客のアドレスを流出

阪神高速道路は、11月14日、現場見学イベントの参加者宛てに案内メールを送信した際、誤って45名分のメールアドレスを表示した状態で送ったことを公表した。

誤送信が発生したのは、同社主催イベント「京都高速で空中散歩!のぞいてみよう土木の現場」の参加者へ送信した案内メール。222名の当選者を4組に分けて送信した際、そのうちの1組について操作ミスが発生。45名のアドレスが表示された状態で送信された。

メール受信者2名から指摘により発覚。翌日、該当する45名全員にメールで謝罪した。同社では今後、同報メールを送信する際には専用ツールを使用することを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ
「サポート詐欺」の相談が3割増 - 過去最多を更新
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
省庁や独法などの攻撃対象領域保護を実施 - NISC
冊子発送先の個人情報を郵便局へ誤送付 - CCNC
2Qの脆弱性届け出は112件 - 前四半期から半減
高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み