Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪神高速、案内メール誤送信で顧客のアドレスを流出

阪神高速道路は、11月14日、現場見学イベントの参加者宛てに案内メールを送信した際、誤って45名分のメールアドレスを表示した状態で送ったことを公表した。

誤送信が発生したのは、同社主催イベント「京都高速で空中散歩!のぞいてみよう土木の現場」の参加者へ送信した案内メール。222名の当選者を4組に分けて送信した際、そのうちの1組について操作ミスが発生。45名のアドレスが表示された状態で送信された。

メール受信者2名から指摘により発覚。翌日、該当する45名全員にメールで謝罪した。同社では今後、同報メールを送信する際には専用ツールを使用することを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ