Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCデポがコンシューマー向け月額保守サービス - 会員10万人目指す

PCデポは、コンシューマー向け月額会員制の保守サービス「プレミアムサービス」を開始する。月額料金は600円から3000円程度となる。

同サービスでは、故障や不具合時などトータルでサポートを提供するサービス。同社ではパソコンの普及率増加と利用方法の多様化が進んでいるとして月額プログラムを用意。同サービスでは、21社とタイアップなどを実施し、サービスメニューについては5ラインナップ、100以上のコースと充実させた。同社では、3年で会員10万人を目指すという。

パソコンの設定はもちろん、ウイルスやスパイウェア対策、閲覧サイトのフィルタリングといったパソコンのセキュリティ対策や保証制度の充実、故障時のサポートなどを提供する。

(Security NEXT - 2006/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性