Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

盗撮による情報漏洩を防止するATM用視野角調整フィルム - 住友3M

住友スリーエムは、金融機関ATMの液晶表示視野角調整フィルムの新製品「ビキュイティ DLCF II Plus」を発売する。

同製品は、液晶表示画面へ貼り付けることで、適切な視野角を制御し、利用者以外ののぞき見や盗撮を防止するフィルム。視野角を調整するルーバー層を2段階にすることで、全周囲からの視野角を制御を実現。ATM上部などに隠しカメラが設置された場合などの盗撮を防ぐことが可能。

また、視点が低い利用者にも配慮したバリアフリー設計となっている。新設ATMだけでなく、点検時などに既存ATMに組み込むことができる。

(Security NEXT - 2006/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
サーバがランサム被害、データが暗号化 - 日本テレビHD子会社
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起
「Apache HTTPD」が今月3度目のセキュリティアップデート
SonicWallのVPN関連で複数の脆弱性 - アップデートが公開
試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区