Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社員のPCから顧客情報含む社内資料が流出 - ミロク情報サービス

ミロク情報サービスは、高松支社が管理する顧客情報843件および社内資料などが、同社社員のウイルス感染パソコンからネット上に流出していたことを明らかにした。

流出したのは、同社の業務管理システムの顧客情報843件、および氏名、勤務先情報を含む個人情報511件。さらに社内資料なども含まれる。社員の個人パソコンがウイルスに感染したことにより、保存されていたデータが流出したと見られている。

流出の対象となった顧客には、謝罪の文書を送付する。また、情報を流出させた社員に対して社内処分を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2Qの脆弱性届け出は112件 - 前四半期から半減
高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中