Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊者情報475件がネット上に流出 - 青森県内のホテル

青森プラザホテルは、顧客情報475件がネット上に流出したと発表した。社員のウイルス感染パソコンから流出した可能性が高いとしている。

流出したのは、2003年4月から2003年10月29日の間に同ホテルを利用した法人の名称、住所、電話番号、および宿泊者個人の氏名など475件。10月25日に外部からの指摘により判明した。

同ホテルによれば、約3年前に社員が法人顧客情報を持ち帰り、自宅のパソコンでダイレクトメール用のリストを作成、そのまま削除されずに保存していた。今回、ウイルスした同パソコンが流出原因とみられている。当時同社ではリストの持ち出しを禁止していた。

同社では再発防止策として、業務資料の外部持ち出し禁止、情報管理部門の設置、情報セキュリティ基本規則の制定、内部監査の実施のほか、ログの保存などを実施する。

(Security NEXT - 2006/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
写真教室参加希望者宛のメールで誤送信 - 宮城県東北歴史博物館
2024年2Qの「JVN iPedia」登録は1463件 - NVDの公開遅延が影響
JPCERT/CCが感謝状 - 脆弱性悪用対応の「重要な模範事例」
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ