Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

後納郵便物差出票約2万4000枚を誤廃棄 - 埼玉県の郵便局

日本郵政公社は、埼玉県の新座郵便局において、後納郵便物差出票約2万4000枚の誤廃棄が判明したと発表した。

同差出票は、郵便料金後納郵便物を出す際に郵便局に提出する書類で、差出人名、住所、郵便物の種類や通数などが記載されている。

10月12日に、2005年度分の差出票を収納したダンボール12箱、約2万4000枚の紛失が判明。確認したところ、同日に誤ってゴミ回収業者に出したことがわかったが、そのうち2箱は回収できたが、残りの10箱はすでに焼却処分されていたという。

今後は再発防止に向け、顧客情報の管理徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
米政府、「Pulse Connect Secure」狙うマルウェアの解析情報
食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁
発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
Windowsドメインを乗っ取る「PetitPotam攻撃」 - PoCが公開済み
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正