Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

後納郵便物差出票約2万4000枚を誤廃棄 - 埼玉県の郵便局

日本郵政公社は、埼玉県の新座郵便局において、後納郵便物差出票約2万4000枚の誤廃棄が判明したと発表した。

同差出票は、郵便料金後納郵便物を出す際に郵便局に提出する書類で、差出人名、住所、郵便物の種類や通数などが記載されている。

10月12日に、2005年度分の差出票を収納したダンボール12箱、約2万4000枚の紛失が判明。確認したところ、同日に誤ってゴミ回収業者に出したことがわかったが、そのうち2箱は回収できたが、残りの10箱はすでに焼却処分されていたという。

今後は再発防止に向け、顧客情報の管理徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都立高で生徒情報含むファイルを紛失 - 生徒間に画像が拡散し判明
電子版会員の個人情報がウェブから閲覧可能に - 熊本日日新聞
がん検診受診予定者の個人情報をメール誤送信 - 浦河町
検証機能にバグ、ファイルの問題を検知できず展開 - CrowdStrike
米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正