Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東大附属病院、患者の画像データや個人情報含むPCが盗難に

東京大学医学部附属病院は、10月8日に学会懇親会場で医師が鞄の盗難に遭い、患者24名分の患部情報を含むパソコンが盗まれたと発表した。

被害に遭ったパソコンには、患者24名分の患部の画像やカルテの一部データが保存されており、氏名、住所、電話番号、生年月日などが含まれる。同院では、該当する患者に対しては、同医師が事実説明と謝罪をした。

同院ではこれまで、患者に関するデータを個人を識別できる状態で持ち出すことを禁じており、注意喚起も行っていたという。

(Security NEXT - 2006/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
アメックス装うフィッシングに注意 - 約39万円の利用額で不安煽る
メール誤送信で保護者の一部メアドが流出 - 都保育園委託先
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
Google、「Chrome 92.0.4515.131」をリリース - 10件のセキュリティ修正