Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTPC、リスクマネジメントサービス2種を提供開始

NTTPCコミュニケーションズは、企業向けリスクマネジメントサービスとして「脆弱性診断サービス」および「資産管理サービス」を10月16日より提供開始する。

脆弱性診断サービスでは、ネットワーク上のサーバやPC、ネットワーク機器を診断し、脆弱性が発見した場合にはメールで通知する。また、脆弱性の危険度を数値化した診断レポートを提供するため、効率的な対策を講じることができる。

資産管理サービスでは、ネットワークに接続されたPCを定期的に検出し、資産台帳データとの照合結果をポータルサイトで通知する。台帳にない管理外のPCは不正端末としてメールで通知するとともに、ネットワークから遮断する機能もオプションで提供される。

利用料金は、いずれも1端末当たり月額315円。なお、同社のMaster’sONEネットワークサービスのユーザーを対象に、脆弱性診断サービスは1年間、資産管理サービスは2週間に限り無料で利用できるキャンペーンを実施する。

(Security NEXT - 2006/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市
子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協