Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTPC、リスクマネジメントサービス2種を提供開始

NTTPCコミュニケーションズは、企業向けリスクマネジメントサービスとして「脆弱性診断サービス」および「資産管理サービス」を10月16日より提供開始する。

脆弱性診断サービスでは、ネットワーク上のサーバやPC、ネットワーク機器を診断し、脆弱性が発見した場合にはメールで通知する。また、脆弱性の危険度を数値化した診断レポートを提供するため、効率的な対策を講じることができる。

資産管理サービスでは、ネットワークに接続されたPCを定期的に検出し、資産台帳データとの照合結果をポータルサイトで通知する。台帳にない管理外のPCは不正端末としてメールで通知するとともに、ネットワークから遮断する機能もオプションで提供される。

利用料金は、いずれも1端末当たり月額315円。なお、同社のMaster’sONEネットワークサービスのユーザーを対象に、脆弱性診断サービスは1年間、資産管理サービスは2週間に限り無料で利用できるキャンペーンを実施する。

(Security NEXT - 2006/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合