Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウェブアクセス制限必要」と考えるシステム管理者は67% - ネットスター調査

ネットスターは、システム管理者を対象に組織でのインターネット管理実態や問題意識に関するアンケートを実施し、「組織でのインターネット管理実態調査」として発表した。調査は、インターネットを通じて実施された。有効回答数は514件。

調査によれば、システム管理者の67%がウェブアクセス管理を必要と回答した。必要とする理由としては、ウイルスやスパイウェアの侵入経路として懸念する声が目立ち、77.8%を占めた。また、ブログや掲示板、SNSへのアクセス、ウェブメール経由の漏洩を心配する声も43%と高かった。

ウェブアクセスの管理を実施している企業は56%で、大企業ほど対策が進んでいるという。しかしながら、独自でプロクシやキャッシュに登録するなど、専用製品を活用せず手作業に頼る管理者が多いこともわかったという。

(Security NEXT - 2006/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口