Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

早くも8月公表の脆弱性を攻撃するワームが登場 早急なパッチ適用を

8月9日に公表されたばかりの脆弱性を狙ったワーム「Cuebot-L」「Cuebot-M」が登場した。セキュリティベンダーであるソフォスは、パッチ未適用のユーザーに対して早急に対応するよう注意を促している。

ソフォスによれば、いずれもワームも、8月9日に公開されたWindowsの脆弱性「MS06-040」を攻撃するもの。ワームは、AOLインスタントメッセンジャー経由で拡散しており、感染するとWindowsのファイアウォールを停止し、バックドアを作成し、第三者にパソコンを乗っ取られる可能性があるという。

(Security NEXT - 2006/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし