Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

早くも8月公表の脆弱性を攻撃するワームが登場 早急なパッチ適用を

8月9日に公表されたばかりの脆弱性を狙ったワーム「Cuebot-L」「Cuebot-M」が登場した。セキュリティベンダーであるソフォスは、パッチ未適用のユーザーに対して早急に対応するよう注意を促している。

ソフォスによれば、いずれもワームも、8月9日に公開されたWindowsの脆弱性「MS06-040」を攻撃するもの。ワームは、AOLインスタントメッセンジャー経由で拡散しており、感染するとWindowsのファイアウォールを停止し、バックドアを作成し、第三者にパソコンを乗っ取られる可能性があるという。

(Security NEXT - 2006/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
機密文書の廃棄サービス、テレワーク環境にも対応 - ヤマト運輸
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
旧サーバが改ざん、偽通販サイトを設置される - 江東区健康スポーツ公社