Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「仕事をきちんとすれば職場パソコン私的利用は問題なし」が半数

約7割のユーザーが、職場から私的にインターネットを利用していることが、ネットスターの調査によりわかった。

同調査は、ネットスターが「職場でのインターネット利用実態調査」として、2004年から実施しているもので、今回で4回目。7月7日から8日にかけて職場でインターネットを利用するユーザーを対象に実施。有効回答は515件だった。

同調査によれば、7割以上のユーザーが職場でインターネットを指摘に利用しているという。特に30名未満の企業では、アクセスポリシーを設定している企業がわずか2割程度に留まり、私的にパソコンを利用ユーザーは9割弱に上った。

頻度も毎日とするユーザーが約7割。個人的な調べものが84.6%と最も多かったが、気分転換やウェブメール利用などといった回答も目立った。また、ブログやSNSへのアクセスに利用しているユーザーもいる。

職場パソコンの私的利用に対する意識としては、約半数が「仕事をきちんとしていれば、問題ないと思う」と回答。同社では、「私的利用のリスクを具体的に教育することやアクセス制限を行うことが重要」と指摘している。

(Security NEXT - 2006/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正