Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「仕事をきちんとすれば職場パソコン私的利用は問題なし」が半数

約7割のユーザーが、職場から私的にインターネットを利用していることが、ネットスターの調査によりわかった。

同調査は、ネットスターが「職場でのインターネット利用実態調査」として、2004年から実施しているもので、今回で4回目。7月7日から8日にかけて職場でインターネットを利用するユーザーを対象に実施。有効回答は515件だった。

同調査によれば、7割以上のユーザーが職場でインターネットを指摘に利用しているという。特に30名未満の企業では、アクセスポリシーを設定している企業がわずか2割程度に留まり、私的にパソコンを利用ユーザーは9割弱に上った。

頻度も毎日とするユーザーが約7割。個人的な調べものが84.6%と最も多かったが、気分転換やウェブメール利用などといった回答も目立った。また、ブログやSNSへのアクセスに利用しているユーザーもいる。

職場パソコンの私的利用に対する意識としては、約半数が「仕事をきちんとしていれば、問題ないと思う」と回答。同社では、「私的利用のリスクを具体的に教育することやアクセス制限を行うことが重要」と指摘している。

(Security NEXT - 2006/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター