Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、IDの不正利用を防止する新サービス

日本ベリサインは、ネット上のサービスで利用するIDの盗難やフィッシング詐欺などを防止するセキュリティソリューション「ベリサイン アイデンティティプロテクション」を10月より提供開始する。

同サービスは、金融機関やインターネットサービスを展開する企業向けに、IDの盗難や不正利用を防止といったサービスを提供するもの。具体的には、ワンタイムパスワードを利用した認証サービス「VIP ストロングオーセンティケーションサービス」と、異常検出技術により不正ログインを防止する「VIPオンライン詐欺検出サービス」を組み合わせて提供する。

エンドユーザーの環境に合わせ、複数の認証を提供することも可能。認証用クレデンシャルの配布についても同社にアウトソースすることが可能で、短期間の導入が可能。

(Security NEXT - 2006/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
PCR検査の結果を同姓の別人にメール送信 - 読谷村
資料請求者間で個人情報が閲覧可能に - 高校生の進路支援サイト
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性