Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定商取引法違反のオークション出店者IDを公表 - 経産省

経済産業省は、インターネットオークションにおいて特定商取引法の表示義務などに違反しているユーザーのIDを公表した。

同省では、「インターネット・オークションにおける販売業者に係るガイドライン」を制定し、特定商取引法を遵守しているかモニタリングを実施。今回、同法第11条で定めている表示義務などに違反しているとして、該当する事業者のIDを公表した。

今回、Yahoo!オークションについては14件、楽天フリマオークションについては1件が公開されている。同省では、今後もIDを随時公開していく予定で、オークションで取引する際に参考にしてほしいとしている。

(Security NEXT - 2006/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出