Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

山田建設、分譲マンションの顧客314名分の個人情報がWinny流出

山田建設は、元社員の私用パソコンがウイルスに感染し、分譲マンションの顧客314名の個人情報を含む業務データが、Winnyを介して流出したと発表した。

流出したのは、マンション分譲販売に関する業務データの一部。顧客314名分の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれていた。2006年2月に退職した元社員が、同年1月に物件の販売に関する社内データを持ち帰り、自宅のパソコンに保存。ウイルスに感染したことにより、Winnyを介して流出したと見られている。

同社では、該当する顧客に対して報告と謝罪をした。不正利用などが発生した場合は、弁護士や専門家と協力して対応したいとしている。今後は、業務データの外部持ち出し禁止を再徹底するなど、情報管理体制を強化して再発防止に努めるという。

(Security NEXT - 2006/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響