Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

九州労金、顧客情報含む書類の紛失を公表

九州労働金庫は、「印鑑証明書」など顧客情報1件を含んだ書類2点を紛失したと発表した。

紛失したのは「金銭消費貸借契約書」「印鑑証明書」で、いずれも共同利用先より顧客へ返却するものだった。5月30日に個人情報の共同利用先からの郵送されるはずだったが、6月14日に顧客から未着の指摘を受け、紛失が判明した。

書類には、顧客の氏名、住所、生年月日、電話番号、申込み金額、返済条件、印影などが含まれていた。同庫では再発防止に努めたいとしている。

(Security NEXT - 2006/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高齢者リスト含む書類を弁当配達中に紛失
欧州グループ会社にサイバー攻撃 - ダイハツディーゼル
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
ひとり暮らし高齢者の調査票や住基台帳抜粋資料を紛失 - 生駒市
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
欧州で拡散するAndroid狙うマルウェア「FluBot」 - 荷物追跡アプリ偽装
着物クリーニングサイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
「Cisco Small Business WAP」に2件の脆弱性 - 一部製品はEOLで修正プログラムなし
SAP、5月の月例セキュリティパッチをリリース