Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が患者の診療情報を第三者に提供 - 岐阜大附属病院

岐阜大学医学部附属病院の職員が患者の診療情報を知り合いである第三者に提供していたことが判明した。

同院では、患者の家族から診療情報が第三者に提供されているとの指摘を受けて調査。その結果、同院の職員が知り合いである第三者に対し、同患者が受診している診療科や治療方法などの診療情報を提供していたことが判明した。

同院では、情報を提供した職員に対し病院長が口頭による厳重注意処分を行うとともに、患者とその家族に対し調査結果の報告と謝罪をしたという。

(Security NEXT - 2006/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

投資主や名刺などの個人情報が流出した可能性 - ユナイテッド・アーバン投資法人
資産運用会社にサイバー攻撃、サーバが暗号化 - ユナイテッド・アーバン投資法人
NTTドコモ、「+メッセージ」で一時障害 - 現在は復旧
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
公文書414件が所在不明、保管期間満了前に誤廃棄か - 群馬県
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装
職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に