Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

浦幌町関係者の個人情報入りPCが業務委託先で盗難被害

北海道浦幌町役場職員や町民の個人情報371件が保存されたパソコンが業務委託先から盗まれたことがわかった。

業務を受託していた大丸藤井が盗難被害にあったもの。同社によれば7月1日に同社社員の自宅が空き巣被害に遭い、浦幌町役場から管理を委託された役場職員および町民の個人情報371件が保存された業務用パソコンが何者かによって持ち去られたという。

業務資料が保存されており、浦幌町役場から管理を委託された役場職員および町民の個人情報371件が含まれていた。

同社員は、浦幌町への出張後いったん事務所に戻ったが、施錠されていたためやむなくパソコンを自宅に持ち帰り、その翌日自宅から盗まれた。同パソコンには複数のパスワードが設定されているという。

同社では、今年の4月にもWinnyを介した個人情報の流出事故が発生。その後、情報漏洩対策を進めていたが、対策が徹底されてなかった。今後は社員教育や、業務データの暗号化など、再発防止に努めたいとしている。

(Security NEXT - 2006/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開