Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東奥日報、メール誤送信で読者のアドレスを流出

東奥日報は、6月22日に、地域の情報やニュースを提供する読者向けメールを送信した際、宛先欄に他の読者のアドレスが表示された状態で送ったことを明らかにした。

誤送信されたのは「鰺ヶ沢fメール」第223号。宛先欄に他の複数の読者アドレスが表示された状態で送られた。同社では、登録者に対し地域の情報やニュースを週に1度配信する「fメール」サービスを提供しているが、今回の誤送信はそのサービスにおいて発生した。

同社では誤送信の判明後、該当する読者に対し同メールの削除を依頼するとともに、「正規版」を再送信したという。

(Security NEXT - 2006/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者