Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組合員の個人情報が記載されたファイルを配送中に紛失 - 東京マイコープ

東京マイコープは、5月30日に江東センターからの配送する際、組合員の個人情報93件が記載された配送ファイルを紛失したと発表した。

所在不明となっている配送ファイルには、配送先である組合員の個人情報93件が記載されていた。氏名、住所、電話番号、組合員番号、配達場所などが含まれていたという。

墨田区内での配送中に紛失したもので、配送ファイルはトラックの荷台に置いてあったという。移動中は、ほろを閉めた状態だった。

同組合では、該当する組合員に報告と謝罪をするとともに、個人情報の取り扱いに関するルールを再徹底して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
投資主や名刺などの個人情報が流出した可能性 - ユナイテッド・アーバン投資法人
資産運用会社にサイバー攻撃、サーバが暗号化 - ユナイテッド・アーバン投資法人
NTTドコモ、「+メッセージ」で一時障害 - 現在は復旧
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
公文書414件が所在不明、保管期間満了前に誤廃棄か - 群馬県
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装
職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力