Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東邦銀行で口座番号を顧客の同意なく提供

東邦銀行において顧客情報を本人の同意なく誤って提供する事故が2件発生した。

1件は5月2日に同行原町支店で発生したもの。振込先口座番号が誤り、振込が行えなかった顧客に対して、振込先の口座番号を口座名義人の許可なく案内してしまったという。

また、別件も同支店において発生したもの。5月18日に顧客から「返却金がある」として別顧客の口座番号についてとして照会があり、当事者間で同意が取れていると誤解し、提供してしまったという。

いずれも、顧客の指摘があり、事故が判明した。同行では事情を説明した上で謝罪したという。

(Security NEXT - 2006/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性