Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワンクリック詐欺などの被害を未然に防ぐフィルタリングソフト - ALSI

アルプス システム インテグレーションは、データベースのリアルタイム更新機能などを追加したフィルタリングソフトの最新版「InterSafe ver.5.0」を、7月3日より発売する。

同製品は、約4500万ページの規制URLデータベースに基づき、アダルトサイトや有害サイト、詐欺サイトなどへのアクセスを規制する、企業、官公庁、教育機関向けのフィルタリングソフト。日本語サイトのデータベースが充実しており、登録サイトの7割に上るという。

従来製品ではデータベースの更新は1日1回だったが、リアルタイム更新の実現により、1日3回以上の更新が可能となった。これにより、特に増加傾向が目立つワンクリック詐欺サイトやフィッシングサイトを早期に規制し、被害を未然に防ぐことができるとしている。

また、ひとつの画面から複数サーバの設定が可能。フィルタリングルールの設定やログの管理などをグループごとに行うことができるようになるなど、ユーザビリティが向上した。価格は、25ユーザーの1年契約で20万7900円から。アカデミック価格は12万3900円。

(Security NEXT - 2006/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る