Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Wordに悪意あるコードが実行される脆弱性 - MSは修正プログラムを準備中

マイクロソフトは、同社ワープロソフト「Word」に外部からコードが実行される脆弱性が見つかったと発表した。

影響を受けるのは「Word 2002」と「同2003」で、悪意あるファイルを開くとリモートでコードが実行されるという。修正プログラムはなく、信頼のおけないファイルをそれぞれのソフトウェアで開かないよう同社では注意を喚起している。

また、ファイルを表示する必要がある場合は、今回の脆弱性を含まず、無償で提供されている「Word Viewer 2003」を使用するか、Wordをセーフモードで利用してほしいとアナウンスしている。

現在、同社では修正プログラムの用意を進めており、6月14日の月例セキュリティパッチリリース日を待たずに公開したいとしている。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (919637)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/919637.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド誤設定、キャンペーン応募者情報が参照可能に - 阪神タイガース
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
WordPressよりスマホアプリを構築するプラグインに脆弱性
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会