Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

指静脈と手のひら静脈で認証可能なICキャッシュカード - DNP

大日本印刷は、指静脈と手のひら静脈2種の生体認証機能を搭載したICキャッシュカードを開発し、5月下旬より全国の金融機関に向けて販売する。

同カードは、指静脈と手のひら静脈の2つの情報が登録可能な、生体認証ICキャッシュカード。金融機関では、指静脈か手のひら静脈、いずれか一方の認証方式を採用しているため、認証方式が異なる金融機関のATMでは生体認証機能が利用できなかった。

この問題に対応するため、3月に全国銀行協会ICキャッシュカード標準仕様が改訂され、両方式を搭載することが可能になった。同カードは、この仕様改訂を受けて開発されたもの。

(Security NEXT - 2006/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - PayPayカード