Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winny上へ三井住友銀のATM情報が流出

三井住友銀行のATMに関する情報が、業務委託先からWinny上へ流出したことがわかった。

同行ATM開発に携わった日本システムディベロップメントの従業員宅から流出したもの。同社は、同行の業務委託先である日立オムロンターミナルソリューションズの再委託先で、同社従業員の私有パソコンに暴露ウイルスが感染し、Winny上へ流出したと見られる。

同行では、流出データに個人情報が含まれておらず、またATMの運用についても影響ないとしてセキュリティ上の問題を否定している。

(Security NEXT - 2006/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サービス終えた「ログ解析サービス」のドメインを第三者が取得 - タグの除去徹底を
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
楽天モバイルのフェムトセルに複数の脆弱性
住信SBIネット銀行の利用者狙うフィッシングに注意
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム