Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winny上へ三井住友銀のATM情報が流出

三井住友銀行のATMに関する情報が、業務委託先からWinny上へ流出したことがわかった。

同行ATM開発に携わった日本システムディベロップメントの従業員宅から流出したもの。同社は、同行の業務委託先である日立オムロンターミナルソリューションズの再委託先で、同社従業員の私有パソコンに暴露ウイルスが感染し、Winny上へ流出したと見られる。

同行では、流出データに個人情報が含まれておらず、またATMの運用についても影響ないとしてセキュリティ上の問題を否定している。

(Security NEXT - 2006/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC