Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者や医療関係者の情報など2240件を紛失 - 東芝メディカルシステムズ

東芝メディカルシステムズは、4月6日に患者の医用画像データ、および医療関係者の個人情報が記録されたパソコンの外部記録メディアを、従業員が電車内で紛失したことを明らかにした。

紛失したメディアには、顧客である複数の医療機関から預かった患者141名分の医用画像データ、および医療関係者2099名分の氏名、勤務病院名、所属などの個人情報が記録されていた。紛失後、警察へ届け、鉄道会社に捜索を依頼したが、24日の時点で発見されていないという。

同社では、該当する関係者へ事情を説明し、謝罪した。同社では、情報管理体制の強化や社員教育など、再発防止に取り組みたいとしている。

(Security NEXT - 2006/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC