Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長期休暇前にセキュリティ対策の再点検を - IPAやJPCERT

情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターは、ゴールデンウィークを迎えるにあたって、情報セキュリティ対策について再確認を行って万全の体制をとるよう、アナウンスしている。

長期休暇中はシステム管理者が不在となり、対応の遅れなどから被害が拡大する危険もあることから、注意を呼びかけているもの。

OSやアプリケーション、ウイルス定義ファイルを最新の状態にするとともに、使用しないサーバやパソコンの電源を切るなどの措置を勧めている。さらに、万が一の場合に備えてデータのバックアップも必要についても触れている。

またIPAでは、社外へデータ持ち出しについても言及し、データの流出を防止するため、持ち出す際の申請手続きを整備することはもちろん、脆弱性が見つかったWinnyなど危険なソフトについては利用の中止を訴えている。

一方、JPCERTでは、休暇終了後には、利用機器において休暇中にセキュリティの問題が発生していないか確認したり、持ち出していた機器がウイルスに感染していないか確認するよう促している。

(Security NEXT - 2006/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を