Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマハ、ルータとのVPN接続を実現するクライアントソフトを発売

ヤマハは、中小規模を対象としたVPNクライアントソフトウェア「YMS-VPN1」および「YMS-VPN1-LP10」を6月より発売する。価格は、それぞれ1万290円、8万3790円。

同製品は、ヤマハ製VPNルーターとIPsecによるVPN接続を実現するソフトウェア。ディアイティのVPNクライアントソフトウェアをベースとなっており、同社と共同で開発されている。設定を気軽に行える「かんたんポリシーエディタ」を用意した。

また、NATトラバーサルにより、NATの設定の手間を軽減。複数のIPsecクライアントを同時に利用できる。さらにIPsecの暗号化方式として、DES/3DESおよびAESを搭載している。

(Security NEXT - 2006/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定