Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友銀行、フィッシング対策で電子メールに電子署名を付与

三井住友銀行は、5月22日よりパソコンへ送信する電子メールに、電子署名を付与すると発表した。

今回の導入は、同行を偽装したフィッシングメールなどに対抗するのが狙い。お知らせや商品案内、各種サービスなどパソコン向けメールにはS/MIME形式の電子署名が付与され、発信元を特定できるようにする。

携帯電話向けのメールや行員が個人で送信するメールについては対象外となる。

(Security NEXT - 2006/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定