Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winnyによる情報流出への対策を - 総務省が注意喚起

総務省は、Winnyなどファイル交換ソフトを介した情報流出事故が多発している現状を受け、家庭や企業における対策法などを掲載して注意喚起を行った。

同省では一般家庭における対策として、Winny使用の経験がある場合には、パソコン内のデータを削除し、あらたにソフトウェアをインストールする「クリーンインストール」を行うよう求めている。また、家族間でパソコンの使用状況を確認し合い、Winnyの危険性について注意し合うことも重要だとしている。

企業における対策としては、業務に使用するパソコンにWinnyなど危険なソフトを導入しないよう徹底するのはもちろん、業務データの持ち出しに関するルールを策定して周知徹底させることが必要だとしている。

同省では、Winnyを介した情報流出事故の多くは個人所有のパソコンで発生しているとして、国民1人ひとりがその危険性を認識し、対策を講じるよう求めている。

(Security NEXT - 2006/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院