Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

あおぞら銀行、顧客情報678件の紛失が判明

あおぞら銀行は、同行名古屋支店で顧客資料の一部紛失が判明したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、2003年4月に受け付けた普通預金や定期預金などの入金票678件。氏名、口座番号、取引日、入金額などが記載されていた。

同行では、関連する顧客に対して事故を報告。紛失した原因については、誤って破棄した可能性が高いとしている。

(Security NEXT - 2006/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応